【カット】のこだわり

HOME > インフォメーション > こだわり > 【カット】のこだわり
2019
Sep
04

【カット】のこだわり

HOULe ヘアカットのこだわり


サロンで綺麗に仕上がるのは当たり前
大切なのは実際に家で簡単に再現できるか
HOULeでは独自のカット理論、技法により
再現性と持続性の高いカットをご提供します!
 

『 HOULe 独自のカット理論で、

【再現性】【崩れないフォルム】を実現 』

 

Q.HOULe のカットが持ちの良い理由は・・・? 

A.まず、ベースのカット(骨組み)をしっかり造ります。
「ウェットカット」とも言う、髪を濡らした状態でカットすることです。
濡らすことによって髪が膨張し、柔らかくなるためカットはしやすくなり、
切り口もきれいに切れ、ダメージを受けにくいカット方法です。
ここでバランスよくカットする事で、格段にスタイルの持ちが良くなります。
1本1本の髪の重なり、クセや生え方を見極め、
骨格や目の形・輪郭などに合わせて丁寧にカットします。
そして、グラデーションカット、レイヤーカットの構成で
自在にヘアスタイルをフィットさせます。

 

Q.HOULeのカットが再現性が高いのは・・・?

A.  繊細な質感調整(毛量調整)をしています。
髪をすき過ぎて、ペラペラでまとまらず傷んで見える…
そんな経験ありませんか?
質感調整はドライで行う事が殆どですが、
その際に、髪はむやみやたらにすいてはダメなのです。
正しいハサミの入れ方、カット技法で質感調整は行う事で、
ご自身でのスタイリングも簡単になります。

 

◆質感調整に具体的なテクニック◆ 

 

 

【スライドカット】

スライドカットとは、スライドカット専用のハサミを用い、
髪を地面と水平に持ち上げて、 持ち上げた髪の内側にハサミを入れ、
根元から毛先に向かって細かく切っていくカット方法です。
髪の長さを変えずにボリュームを調整することができ、
動きのある毛束がナチュラルでソフトな印象に仕上がります。

 

  

 

【セニングカット】

セニングカットとは、セニング専用のハサミを用い、
毛の量を減らしたり、毛先に不揃いな長短の切り口をあえて作る事で、
動きがありながら、ナチュラルな仕上がりにするテクニックです。

「セニングカット=髪が傷む、スカスカになる」

というイメージをお持ちの方がいらっしゃいますが、
セニングカットの仕方で、全く印象は変わります。
セニングカットで髪の痛みをとったり、
重たく見えやすい部分を、繊細な切り口で軽くしていくことで、
ツヤ感を良くしたり、まとまりを出す事もできたり、
逆にあえて重さを残し、ヘアスタイルにメリハリを出す事で、
小顔効果になったり、絶壁をカバーしたりする事もできます。

  

 ◆最後に大切なのは・・・『似合わせ』です!◆

お客様一人ひとりの雰囲気や朝のスタイリング方法、
好きなテイスト、髪質、骨格、目の位置、額の幅…
様々な要素から一人ひとりに『似合う』ヘアスタイルをご提供します。
「小顔にみせる顔周りのカット」や「首をキレイにみせる襟足のカット」…
こだわりを言いだしたら切りがないのですが、 
HOULeのスタイリストは、妥協なしで繊細に仕上げていきます。

PageTop

TopInformationSaloninfoHair styleStaffMenu / priceHead SpaRecruitSitemapPrivacypolicy

Copyright(C)HOULe,Inc.All rights reserved.